スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
春ですね(--)

さっき外にでたら空が快晴であったかかった(??)


 もう、春ですね そろそろツクシを


採りに行きたいです。


sora2.jpg


今日はのほほんとしてしまった。 




 これから恋の季節ですね



恋の季節といえば人から教えてもらいましたが


の違いって皆さんご存知ですか?


 それぞれの漢字をみてもらうとわかる


のですが、恋という漢字は下に心があります。


つまり下心があって


愛という漢字は真ん中に心。


つまり真心です。



 ちなみに私は恋という文字で浮かぶのは


中学校のころ、恋人という字を変人と書いて


先生に笑われたことです


スポンサーサイト
【 2008/03/08 17:31 】

未分類 | コメント(4) | トラックバック(0) |
<<そら | ホーム | この前、おネエ★MANSをみて>>
コメント
--- あるね^^ ---

一休さんが何も出来ないただの茶坊主だったら・・・


ある日、一休さんと和尚さんは庄屋さんに呼ばれ、町に出かけました。
すると、橋の前に立て札がありました。
和尚「なになに、『このはし危険。渡るべからず』おお、一休.これはいけない…遠回りしていこう」
一休「ははは。和尚さん、端がだめなら、真ん中を渡ればいいんですよ♪ホラ、このとおり~♪」
ズボッ グシャッ アァァー
和尚「いっきゅ―――ゥ!! いっきゅ―――ゥ!!」

一休さんと和尚さんは、今度は将軍様に呼ばれました.
何でも、屏風に描かれた虎が夜な夜な屏風から逃げ出し、悪さをするので捕まえて欲しいというのです.
一休「さあ、将軍様。わたしが虎を捕まえてごらんにいれます.早く虎を屏風から出して下さい」
将軍「よし.わかった」 なんと屏風から本物の虎が出てきた.
グオー ガァー
ウギャ―――!!
ドボッ メキメキ ギチャッ
和尚「いっきゅ―――ゥ!! いっきゅ―――ゥ!!」

一休さんが台所を覗いてみると、和尚さんが一人でこっそり何かをなめていました.
一休「和尚さんそれは何ですか?」
和尚「うっ、一休!? こ、これは毒じゃ。子どもがなめると死んでしまう毒なんじゃ」
一休(あれは水飴に違いない.和尚さんは僕たちに内緒で独り占めするつもりだったんだ・・・よーし♪)
一休さんは一計を案じ、夜中にこっそり水飴をなめてしまいました.
一休「ウゲー! ウガッ!!こ、呼吸が…!!!!!」
和尚「いっきゅ―――ゥ!! いっきゅ―――ゥ!!」
かば * URL [編集] 【 2008/03/08 18:27 】
--- ---

かばさんへ
一休さん、命がいくらあっても足りませんよ^^; 最後の水飴は和尚さん何、なめてたのか不明なところがいいですね。
yurie * URL [編集] 【 2008/03/08 18:36 】
--- ---

恋と愛の違いについては、日常生活であたかも自分の知識かのごとく使わせていただきますv-14
勉強になりましたv-91
せっかくなんで変人もネタとしてどこかで使おうかと・・・v-36
面白ければすべてよし!!
ペイン * URL [編集] 【 2008/03/09 23:01 】
--- ---

ペインさんへ
変人と書いてから1週間は、私のあだ名が「変人」になってましたけどね^^;
yurie * URL [編集] 【 2008/03/09 23:57 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://yurie104.blog120.fc2.com/tb.php/112-fe0deec6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。